スプレッドの差は自分自身にとって負担になるので

-

-

「スプレッド」とはFX取引は外貨を売買の注文をして利ざやを生み出す取引です。美 チョコラ エンリッチの口コミ

売買の注文の値段は1日中動いています。かんきろう

それがレートです。京都 レンタカー

インターネットでニュースをみていると、外貨の為替相場の話題が流れる場面があります。ズートピア DVD 特典 一覧

例としてあげると、「ただいまのドル相場は80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。jitte 口コミ

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で売り買いされているという事を表しているのではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを示しています。サーフ売却相場

すなわち、売り買いには買いと売りの2つの値段が存在する事を示しています。子供服の人気ブランド

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表現しているFX取引会社もあったりします。秒速スキャルFXは本当に稼げるのか?評価・実践レビュー

普段は売値の方が買値よりも小さくなっています。美甘麗茶

投資家が買値は高く、売値は安くなるものです。アジカ

この差分をスプレッドといいFX業者の収入のひとつとされています。

スプレッドの狭さはFX会社によって変化します。

スプレッドの差は自分自身にとって負担になるので、小さいFX業者を選んだほうが有利になります。

ただ、局面によってはスプレッドの広さは変動します。

平常時はドルと円の組合せで1銭のスプレッドの狭さだとしても、レートの上下動がとても激しい状態では1銭よりも大きくなります。

ですから、スプレッド幅が狭いのと同じく固定しているということが大事です。

最近では動かないスプレッドの狭さを見せるFX業者もたくさんあります。

リアルにFX会社の取引画面の上で現実の相場を調べなければ判断できないのですが肝心な事です。

貴重なお金を預けて売買しますので、本当の売り買いの前に心惹かれた業者の取引口座開設をいくつもして提示されているスプレッドの広さを見ておきましょう。

同じ通貨ペアでもその場面での為替のボラティリティによって通貨ペアのスプレッドは異なることがあります。

普通は、インターバンクで取引量の多くて、流動性の高い通貨ではスプレッドの幅が狭く別の通貨ではスプレッド幅が大きくなる事がよくあります。


Site Menu

Copyright © 2000 www.netperch.com All Rights Reserved.