失った押し問答になる危険性が存在します

-

-

自動車の事故に巻き込まれた状態で、自らが被害者でも事故を起こした方が間違いを少しも受容しないことは聞くことがあります。草花木果

例えば、意図的にではなく少し他のことに気がいったことで車をぶつけられた場面などにそうした言い争いに発展する危険性がありそうです。ホワイトヴェール

だからと言って事故現場で自動車だけの交通事故対応されて何ヶ月か後に症状が出た際に通った病院の診断書類を警察に出すということは後手後手に回る感じは仕方がなくなります。カニ通販年末年始

では、自動車の事故の過失割合はどういう基準が決められているのでしょうか。草花木果

正しく申し上げますと、警察が確定するのは、主として自動車の事故の大きな手落ちが認められるのはどちらの車かという内容であり、過失の割合がどうなのかというわけではありません。女の子 赤ちゃん 服

さらに言えば、明確にされた事故の過失者が警察から明らかにされる事は事は考えられません。

よって、過失割合は当事者の相談の結果によって決定された、それが賠償額の算定の基準です。

この場面で、両者共に任意保険に入っていなかった場面では双方が直接的に協議を余儀なくされます。

だけど、当然ながらこういった方法では、冷静さを失った押し問答になる危険性が存在します。

まして、主張に差があれば最悪の場合、裁判での争いになりますが、それは時間と訴訟費用大きな損は避ける事が出来ません。

なので多くの場合、事故に関係する当事者に付く保険会社、双方の自動車の保険会社に相談を頼む方法で、正しい割合を客観的に決めさせます。

その際保険の会社は前の自動車での事故の裁判の判断から出された判断基準、判例集等を基に、予想と交渉をして過失の割合を算出します。

と言っても、自動車事故の場合では遭ったのか起こしてしまったのかには関係なく第1に110番に連絡するのが大切です。

その後で自動車保険の会社に電話をして、今後の調整をお願いするのが手順となります。

手順さえ分かっていれば、お互いの無益な交渉への展開を未然に防止できます。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.netperch.com All Rights Reserved.