自己破産は自分の都合で一部の未返済金

-

-

自己破産は自分の都合で一部の未返済金を度外視して行う手続はできないので、住宅ローン・親族などの連帯保証人が記載されている未返済金をはずした自己破産を希望する旨の申し入れは認められておりません。75-5-52

ローンがまだ存在する段階で破産の申し立てをすれば持ち家は没収されてしまいます故、住宅ローンを支払い続けながら(自分の部屋を守りながら)貸与されたお金を精算したい時には民事再生という手続きをセレクトすることになるでしょう。75-10-52

その一方で、連帯保証人の記載されている借金がある場合に借りた人が自己破産を行うと、連帯保証人に対してダイレクトに催促が送られてしまうのです。75-9-52

なお、保有している家財(持ち部屋、車、証券類または各種保険といったもの)は、一般的には没収対象にならざるを得ない故持ち続けたい財貨が手元にあるという場合や破産の手続きを実行してしまうと営業が出来なくなる免許で労働されている場合ですと他の債務整理の方策(債権者との和解による任意整理あるいは特定調停手続といった手続き)を取らなければなりません。自律神経失調症 大阪

また賭博・無駄な支出によって債務を持ってしまったケースだと免責(負債をなかったことにする)が認められないことが十分にありますので、異なった借入金整理のしかた(特定調停手続、債権者との和解による任意整理あるいは民事再生の適用による返済の減額)なども考慮に入れて検討する方が望ましい結果が得られることもあると言えます。75-6-52

75-18-5275-16-5275-15-5275-13-5275-4-52


Site Menu

75-11-52 75-19-52 75-8-52 75-7-52
Copyright © 2000 www.netperch.com All Rights Reserved.